NEWS

テレビ会議のワープゲイト ホーム > ニュース > 東京都町田市が“テレビ電話窓口”を開設

報道関係者各位
プレスリリース

平成18年4月12日

株式会社ギンガネット

東京都町田市が“テレビ電話窓口”を開設
〜IPテレビ電話「ギンガネット電話」を活用〜

東京都町田市は、4月13日より、株式会社ギンガネットのIPテレビ電話「ギンガネット電話」を活用した、テレビ電話窓口を町田市役所・堺市民センターの支所に開設します。本庁舎と支所をテレビ電話で接続し、税金や福祉について本庁舎の専門の職員が市民からの相談に対応します。

IPテレビ電話「ギンガネット電話」で、堺市民センター(支所)と、本庁舎の「税務部市民税課」、「市民部国保年金課」、「健康福祉部高齢者福祉課」を接続。これまで支所だけでは対応しきれなかった、税金や国民健康保険・国民年金、高齢者福祉・障害者福祉の専門的な相談について、市民はわざわざ本庁舎に足を運ばなくても、近所の支所で本庁舎の担当課に直接テレビ電話で接続し、相談できるようになります。書類の書き方等も、実物をテレビ電話を通して見ながら説明を受けられます。

これにより、特に遠くに行くことが困難な高齢者や体の不自由な方をはじめ、市民にとって、行政サービスがぐんと向上することでしょう。

テレビ電話窓口イメージ

IPテレビ電話「ギンガネット電話」について

●官公庁・自治体の行政サービスや、大規模商用サービスでの運用実績

ギンガネット電話は、都道府県警察(兵庫県、愛媛県、三重県等)や国土交通省などの様々な行政機関、法人企業でのテレビ会議システム(社内会議)や、語学スクールNOVAの「お茶の間留学」に代表される大規模な商用サービスなど、多くのユーザーに利用されており、高性能・高機能であると同時に、簡易な操作性と、多くの利用実績により培われた抜群の安定性を備えています。

●世界最高水準の動画・音声クオリティ

ギンガネット電話の映像は、毎秒最大30コマという世界でも最高水準のフレーム数で、動画を滑らかに描写することが可能です。また音声は、高音質モードで一般固定電話の2倍の音声域を再現し、臨場感あふれるクリアな音声を実現します。本体にエコーキャンセラを搭載しており、人通りが多く、雑音などが入りやすい使用環境でも、エコーを抑え快適に通話できます。

【株式会社ギンガシステムソリューションの会社概要】

誰もが誰とでも気軽に繋がる社会を目指して、コミュニケーションツールの開発を行っています。
コミュニケーションツールの一つであるテレビ電話端末においては、「使いやすさ」と「最高レベルの品質」を追求しながら、「低コスト化」を実現することで、これまで導入をためらわれていたお客様にも、気軽にご利用頂けております。

【お問合せ先】

●本件に関するメディアからのお問い合わせ先
株式会社ギンガシステムソリューション 大阪オフィス
〒530-0023 大阪市北区黒崎町3-9 6F  担当:密岡(みつおか)・大泉(おおいずみ)
TEL:06-7711-0700 FAX:06-7711-0701 お問い合せフォーム
ホームページ:http://www.gcom-sys.co.jp/
●テレビ電話商品・サービスに関する、お客様からのお問い合わせ先
TEL:0120-372-275 (みんなにつなご)

東京都町田市が“テレビ電話窓口”を開設のトップ