NEWS

テレビ会議のワープゲイト ホーム > ニュース > NOVAグループと九州電力グループの業務提携について

報道関係者各位
プレスリリース

平成16年8月31日

株式会社NOVA
九州電力株式会社
九州通信ネットワーク株式会社
株式会社ギンガネット

NOVAグループと九州電力グループの業務提携について
〜 FTTHサービス『BBIQ(ビビック)』による『お茶の間留学』の受付開始 〜

株式会社NOVA、九州電力株式会社、九州通信ネットワーク株式会社(略称:QTNet)、株式会社ギンガネットの4社は、QTNetのFTTHサービス『BBIQ』によるNOVA『お茶の間留学』の提供について業務提携し、9月下旬のサービス提供開始に向け、サービス受付を9月1日から開始いたします。

NOVA『お茶の間留学』は、ギンガネットの提供するIPテレビ電話『ギンガネット電話』を使うことで、「駅前留学」と同じシステムのレッスンを自宅やオフィスで受けられるサービスであり、FTTHサービスによる提供は、QTNetの『BBIQ』が九州エリア(※1)では初となります。

今回のサービス開始は、NOVA『お茶の間留学』が必要とする厳しい回線品質(※2)を満たすため、高品質なFTTHサービスである『BBIQ』を使用すると共に、九州と大阪のコンテンツセンター間を専用回線で接続することにより、実現に至ったものです。

これにより、お客様は『BBIQ』で『お茶の間留学』のレッスンを快適に受講することができます。

今回の業務提携を機に、NOVA、九州電力、QTNet、ギンガネットの4社は、NOVA『お茶の間留学』、QTNet『BBIQ』、およびIPテレビ電話『ギンガネット電話』の、より一層の普及に向けて取り組んでまいります。

(※1) 九州7県(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)のBBIQサービスエリアへのご提供となります。

(※2) 「お茶の間留学」を始めとする、"総"方向"リアルタイム"有人対面型コンテンツは、ホームページ閲覧やビデオストリーミングなどの、従来のインターネットコンテンツとは全く異なり、通信速度だけでなく、転送遅延やパケット損失率といったデータ転送品質を、上り下り両方向で厳しく管理することが、非常に重要となるため、回線品質目標値をIP電話の最高基準である「 TTC標準JT-Y1541QoSクラス0 」を設定しております。

転送遅延 遅延変動 損失率 エラー率
QoSクラス0 100ms以下 50ms以下 0.1%以下 0.01%以下

【株式会社ギンガシステムソリューションの会社概要】

誰もが誰とでも気軽に繋がる社会を目指して、コミュニケーションツールの開発を行っています。
コミュニケーションツールの一つであるテレビ電話端末においては、「使いやすさ」と「最高レベルの品質」を追求しながら、「低コスト化」を実現することで、これまで導入をためらわれていたお客様にも、気軽にご利用頂けております。

【お問合せ先】

●本件に関するメディアからのお問い合わせ先
株式会社ギンガシステムソリューション 大阪オフィス
〒530-0023 大阪市北区黒崎町3-9 6F  担当:密岡(みつおか)・大泉(おおいずみ)
TEL:06-7711-0700 FAX:06-7711-0701 お問い合せフォーム
ホームページ:http://www.gcom-sys.co.jp/
●テレビ電話商品・サービスに関する、お客様からのお問い合わせ先
TEL:0120-372-275 (みんなにつなご)

NOVAグループと九州電力グループの業務提携についてのトップ