NEWS

テレビ会議のワープゲイト ホーム > ニュース > 医療・福祉施設のための専門展示会「HOSPEX Japan 2006」に「ギンガネット電話」を出展

報道関係者各位
プレスリリース

平成18年11月

株式会社ギンガネット

医療・福祉施設のための専門展示会「HOSPEX Japan 2006」に出展します!
〜医療・健康・介護サービス機関におけるIPテレビ電話システムの活用例を紹介〜

HOSPEX Japan 2006

会期
2006年11月15日(水)〜17日(金) 10:00〜17:00
会場
東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)東展示棟
主催
日本医療福祉設備協会  社団法人 日本能率協会

ギンガネットは、医療・福祉施設のための専門専門展示会「HOSPEX Japan 2006」に、IPテレビ電話「ギンガネット電話」を出展いたしました。

NOVA「お茶の間留学」(在宅外国語レッスン)、また都道府県警察や国土交通省等などの様々な行政機関で十数万人のユーザを獲得、国内最多出荷台数を誇るIPテレビ電話「ギンガネット電話」は、操作性の高さ、安定した稼動、低コストによって、多数の医療・健康・介護サービス機関に導入されています。

会場内の当社ブースでは、製品の体験スペースをご用意。多くの来場者に、「ギンガネット電話」を体験していただきました。

ギンガネットは、ベストエフォート型で不安定なインターネット回線が主流の中、ISP事業者と業務提携し、回線品質目標(※6)を設定した高品質で遅延の少ない安定した通信ネットワークを構築しています。NOVAでは、その提携ISP事業者を「お茶の間留学」にふさわしいISP事業者として推奨し、NOVAの生徒は、推奨ISP事業者のブロードバンド回線を利用すれば、「お茶の間留学」を快適に受講することが可能となっています。

医療・健康・介護サービス機関における活用例

  • 老人ホームや独居高齢者宅への健康相談サービス、話し相手サービス、家族の自宅との接続サービス
  • 老人ホームやデイサービス間、地元の幼稚園・小中学校との交流
  • 遠隔監視(独居高齢者宅、院内ナースコールへの応用)
  • 医師間での会議、離島・僻地の医師と都市部の医師との意見交換

など
医療・健康・介護サービス機関における活用例

【株式会社ギンガシステムソリューションの会社概要】

誰もが誰とでも気軽に繋がる社会を目指して、コミュニケーションツールの開発を行っています。
コミュニケーションツールの一つであるテレビ電話端末においては、「使いやすさ」と「最高レベルの品質」を追求しながら、「低コスト化」を実現することで、これまで導入をためらわれていたお客様にも、気軽にご利用頂けております。

【お問合せ先】

●本件に関するメディアからのお問い合わせ先
株式会社ギンガシステムソリューション 大阪オフィス
〒530-0023 大阪市北区黒崎町3-9 6F  担当:密岡(みつおか)・大泉(おおいずみ)
TEL:06-7711-0700 FAX:06-7711-0701 お問い合せフォーム
ホームページ:http://www.gcom-sys.co.jp/
●テレビ電話商品・サービスに関する、お客様からのお問い合わせ先
TEL:0120-372-275 (みんなにつなご)

医療・福祉施設のための専門展示会「HOSPEX Japan 2006」に「ギンガネット電話」を出展のトップ