国内2,200社以上の導入実績【お客様の声】生の声は真実を語る

テレビ会議のワープゲイト ホーム > テレビ会議システム/お客様の声 > テレビ会議でパートナー企業との接触頻度が増加

テレビ会議でパートナー企業との接触頻度が増加

株式会社エス・アイ・ビジネスソリューション 様

SIB LOGO
株式会社エス・アイ・ビジネスソリューション(SIB)は、「SI(スケルトンインフィル)工法の普及による良好な住環境をエンドユーザーに提供し、社会貢献を目指す組織」であり、全国の建設業・不動産業に対する様々な経営・営業・技術支援活動を実施。

SI(スケルトンインフィル)による長期優良住宅供給数ナンバーワンネットワーク実現へ向けて、地域社会でパートナー企業がナンバーワンとして継続して発展・成長するためのサポートを行っている。
用途:
社内会議研修
業種:
サービス業
所在地:
〒146-0091 東京都大田区鵜の木1-18-23
WEBサイト:
http://www.sib-network.com/

ワープゲイト導入前の問題

●社内会議のみの利用にとどまらないテレビ会議活用法を社員が提案。

東京・大阪・福岡・大分に事業所を持つエス・アイ・ビジネスソリューション(SIB)は、全国の建設業・不動産業に対する様々な経営・営業・技術支援活動を実施している。

テレビ会議システムは、最初は社内会議での活用を念頭に置いていた。
ただ、パートナー企業へのコンサルティング業務を行う同社では、パートナー企業を訪問する際、多くの移動時間と交通費が発生しており、ここにテレビ会議を活用してはどうかという意見が社内から出てきた。

具体的には、ワープゲイト導入前は、月1回のペースでパートナー企業を訪問していた。これでは交通費だけで月50万円はかかってしまい、費用に見合った成果を出すことは難しい。ワープゲイトであれば、この問題が解決される。

ワープゲイト導入の決め手

●映像・音声が安定した専用機でありながら安価である点が決め手

同社の技術支援担当である八田氏は、以前、他社製のテレビ会議システムを使用していた経験がある。当時は、「テレビ会議という存在そのものに衝撃を受けた」と振り返る。

ワープゲイトを導入した決め手は、当時使用していたテレビ会議システムと比較して初期費用とランニングコストが安かった点、WEB会議と比較して映像・音声が安定している点にある。

ワープゲイトであれば、ワンタッチボタンですぐに会議に接続でき、もし何かしら不明点があったとしても、24時間のテクニカルサポートに連絡すればよい。パートナー企業との接続を念頭に置く場合、ユーザーの中には、はじめてテレビ会議を利用する方や、通信機器の操作が苦手な方もいらっしゃると考えられる。ワープゲイトのように簡単に操作できるテレビ会議システムであれば安心だ。

ワープゲイト導入による効果

テレビ会議システム利用風景
利用イメージ

●パートナー企業との接触頻度が増加

ワープゲイトは、社内会議で月1〜2回、3〜4地点の接続で利用し、現在はパートナー企業への研修でも活躍している。

以前は、パートナー企業への訪問は月1回だったが、社員によっては、毎週3回、マンツーマンで実施するようになった。
ワープゲイトを活用することで場所にとらわれない働き方が可能になる。

出張の手配、出張のための移動といった生産性のない時間を減らし、活動に中心をおいて柔軟にスケジュールを組めている。
特に大阪事業所ではパートナー企業との接触頻度が増加。

接触頻度が増加すると、同社はパートナー企業の行動管理が行いやすくなる。また、パートナー企業の社長や管理職は、このような行動管理の手法を学ぶことで、マネジメント能力を伸ばすことができる。

今後の展望

八田氏は、「ワープゲイトの魅力は、簡単な操作で多地点接続できる点にある。」と話す。

今後は、パートナー企業1社との1対1の接続だけではなく、多数のパートナー企業が同時に参加する勉強会を開催し、同社の生産性向上と、情報交換ツールとしてのさらなる活用を目指す。

さらには、パートナー企業同士でのワープゲイト活用が広まり、コミュニケーションが増加することで、各社が各地域でナンバーワンとして発展・成長することを期待している。

株式会社エス・アイ・ビジネスソリューション - テレビ会議でパートナー企業との接触頻度が増加のトップ

簡易お問い合わせ・ご相談

テレビ会議に関することなら、どんなことでもご相談ください。
※お問い合わせを頂いた順に回答をさせて頂いておりますが、混雑の為、お待ち頂く場合がございます。あらかじめ、ご了承下さい。

メールアドレス (必須)



お名前 (必須)
ご相談内容 (必須)
※ お電話でのお問い合わせは0120-372-275(みんなにつなご)へ